AYACCA Resort

約125万円程度からオーナーになれる新しい海外不動産投資の形

更新日:

不動産投資に興味はあるものの、今一歩踏み出せない・・・

そのような方もこの機会にぜひご検討、一歩を踏み出してみてください。

 

125万円程度から海外不動産のオーナーになれる新しい不動産投資

AYACCA Sharing System (アヤカ シェアリング システム)

 

一度も不動産を持ったことがない方も必見!

  • 不動産投資の世界で注目を浴びるフィリピン。外国人が土地付き一戸建てを持つ方法とは・・・?
  • 高級ホテルのスイートルームやペントハウス、戸建てビラの不動産そのもののオーナーになれる方法とは・・・?
  • 利用(宿泊)も運用も自由だとしたら・・・?(不動産共同運用事業ではありません)

 

かつての高度成長期の日本のように地価上昇が著しいフィリピンの、まもなく新国際空港が開港するパングラオ島で、外国人が持てないはずの土地を保有できる。

しかもそれが、新車の軽自動車を買うよりも安い金額で、分割でも買える。

詳しくはこちら

資金が100〜200万円でも有利に投資可能です!

 

例えば2億あれば、HSBCのプライベートバンクメンバーになれて世界中の有利な運用ができます。

1億あれば1棟マンションを購入して大家さんをやるのもいいでしょう。

 

でも100万円しかない人に有利な運用は有るでしょうか?

 

0.01%程度の預金や、投資信託も有るけど、とても有利とは言えないし、ましてや不動産を買うなんて夢のまた夢ですよね。

 

だから、資金がないと何もできない・・・

そんな風に思っていませんか?

 

そんな投資初心者でも、なんと不動産投資、しかも有利な海外不動産のオーナーになれる新しい商品ができました。

 

それが、AYACCA Sharing System(アヤカシェアリングシステム)です。

・・・ちょっと想像してみてください・・・

  •  お金もないし、銀行から借りて不動産投資ができるような与信もない。だけど、老後や将来は不安だし、お金儲けや投資にも興味はある!
  • 政治や経済はもとより、地震や災害の多いこの国に住む。その時、自分の資産を守る方法は・・・?
  • 不動産を買った知人が「客付けが難しい」「空室リスクが心配」と言っていた。客付けが簡単で空室リスクの低い不動産はないかな・・・
  • アジア、とりわけフィリピンは地価の上昇が著しいのは事実。そのタイミングで不動産投資をやりたいが有利な案件はどれだろう。
  • 不動産オーナー、ホテルオーナー・・・ そんなステータスに憧れる
  • 自分の不動産を、海外旅行や海外留学、老後のシルバーステイに使えたらいいなぁ・・・

 

もうちょっとこの案件やシステムを知っていれば・・・

ほんとにこんなやり方があったのですね!目から鱗です。


などの反響もいただいております。

 

AYACCA RESORT と AYACCA Sharing Systemの魅力とメリット

〜その1〜

不動産の購入というと大金が必要な印象がありますよね。もちろんほとんどの人はそのために銀行でローンを組むわけですが、すでに別のローンを組んでいたり、属性の関係で利用できない人もいます。

そんな人も、不動産を購入するにしては気楽な金額で、例えば頭金20万円と月々3万円程度から 高級戸建てホテルリゾート不動産を購入することができます。(支払い方法はお申し込み時、しっかりとご確認ください)

 

〜その2〜

台風や地震など自然災害が多い日本。恐ろしい確率の高さで起こると言われる大地震。

収入や資産を日本だけで構成しておくのはリスクが大きいと言えます。

AYACCA Sharing System なら、少額の投資でも海外に資産を構築できますのでリスク分散となり、自分と家族を守ることに繋がります。

 

〜その3〜

海外不動産は賃貸付けや管理が大変です。

利回りが10%を超えた一見優良物件でも、空室期間が長くなるとあっという間に利回りは悪くなります。

でも、AYACCA Resort は「高級リゾートホテル」ですので客付けや管理の心配はほとんどありません。

 

〜その4〜

AYACCA Resort はセブの隣の島 ボホール島と2本の橋で繋がるパングラオ島に建設されます。

未開の地にリゾートホテルができることで周辺の地価価値が上がります。フィリピンのリゾートはホテル周辺に商業施設が連鎖的に広がるのが特徴で、AYACCA 周辺にもすでに開発が続々と予定されています。

さらに、大型機の離発着も可能な国際空港がAYACCA Resort から車で15分〜20分のところに開港します。

その影響で、近隣のホテル用地は価格が上がり、特に海岸沿いはもっとも地価の上昇が見込まれています。

だから、今のタイミングで「土地付きの不動産を持つ」ことは、将来大きなリターンを受け取る可能性を持つということです。

 

〜その5〜

本当に価値のある不動産は、やはり価格に反映されます。つまり、高額な不動産であるほど「良い不動産」と言えます。

AYACCA Sharing System は、高級スイートルームやペントハウスなど「良い不動産」をシェアできるシステム。

わずかな資金で「良い不動産」を持てるチャンスです。

 

〜その6〜

不動産のオーナーには、安心や実利の他に、社会的に大きなステイタスが得られるというメリットが有ります。

AYACCA Resort では、購入した物件に応じたメンバーシップを表すメンバーシップカードが提供されます。

「スイートルーム・オーナーズカード」「ペントハウス・オーナーズカード」をわずか100万円台で手にすることができます。

4ツ星又は5ツ星ホテル申請予定ですので、これが取得できたら、あなたは「4スターホテルのペントハウスオーナー」になる事だって夢では無いかもしれません!

映画のワンシーンのようなペントハウスオーナー!一度味わいたいものですね。

 

〜その7〜

海外投資は、リスクヘッジという意味も有ります。

成長著しいフィリピンでは過去の日本の昭和40年~50年代のような成長が見込めます。

現在、日本の多くの資産家がそのチャンスを掴んだ時代が、かつての高度成長期。

今、フィリピンでかつての日本の高度成長が再現されようとするタイミングです。

 

〜その8〜

経済成長率はアジアでも屈指の中国と並んで7%台。

人口は1億人以上で、多いだけでなく若者が多く老人が少ない人口構成は、「世界一美しい人口ピラミッドを持つ国」と言われます。

なおかつ国土面積がとても小さい国であるにも関わらず、他の新興国と比較して不動産価格がとても低い今が、「土地付き戸建て」を購入するチャンスです。

 

AYACCA Sharing System ではわずか100万円台の資金で「土地付き戸建てリゾート」を共有でき、毎年宿泊することもできます。

また、利回り相当のサービスや旅行資金を受け取ることも可能。

さらに、土地の価値が上昇すれば・・・ それ相当のリターンを受け取ることができます!

詳しくはこちら
ところで・・・

パングラオ島ってどこにあるの・・・?

パングラオ島は、マニラからなら飛行機で約80分、セブから高速船で約2時間のボホール島に繋がった島です。


パングラオ島にAYACCA Resortは建設中(2018年11月時点)です。

〜よくある質問〜

日本のリゾートは全く価値が上がらないけど、フィリピンは違うんですか?

 

はい。フィリピンは観光資源が国の重要な収入源の一つとなっています。

欧米のリゾートランキングの1位、2位は、ハワイでもグアムでもオーストラリアでも無く、フィリピンのパラワン、ボラカイが独占しています。

 

ボラカイのビーチはオフシーズンでも原宿並みに人が歩き、滅多に出ないビーチ沿いの売り地は、「日本の都内並みの価格」とも言われています。

 

雑木林の土地が都内の土地に…まさに昭和40年代のドリーム再現を、「飛行機」というタイムマシンに乗って仕込むチャンスです。

また世界では、ハワイを見て頂ければ解りますが、海の綺麗な地域の土地は欧米人を中心に需要が大きく、大きな上昇をしています。

 

欧米人は日本人と違い余暇の取り方が上手で、バカンス休暇が社会的にも認められているからなのです。

フィリピンリゾートは、そんな欧米人に大人気!世界のセレブがロングバケーションを楽しみに来ているのです。

 

フィリピンのリゾートはセブしか知りませんが…??

 

今後、ボホールがフィリピンで一番伸びる地域だと言われています。

国の10大プライオリティという政策にも、ボホールの観光開発が盛り込まれています。

 

日本のODAで、ボホールのパングラオ島に国際空港が建設され、開港します。

過去に国際空港ができて発展した地域は、ご存知セブのマクタン空港。有名リゾートが軒を連ね、地価も最大7000倍になったと言われています。

 

海の綺麗さは群を抜き、ボラカイ・パラワンをしのぐと言われています。

 

フィリピンの不動産投資はコンドミニアムが一般的といわれていますが?

 

コンドミニアムは外人が不動産を持てる唯一の方法と勘違いされていたので、普及してきました。

しかし、シングルデタッチCCTという新しいスキームで日本人でも一戸建て住宅が持てるようになりました。

 

高度成長期ではワンルームマンションよりも、土地付き一戸建ての方が価格の上昇が著しかったというのは周知の事実です。

成長期のフィリピンで戸建て住宅を持てるという事は、希少価値の点からも資産価値が上昇する可能性が高いと言えます。

 

フィリピン不動産の安全性は大丈夫ですか? 

 

フィリピンはアメリカの影響を受けていて、新興国の中でも意外と法治国家であると言われています。

共産圏でも無く、また宗教上の争いも少ない地域です。

 

不動産、特に新興国の不動産は価格が下がる事も少なく、また他の投資の中でずば抜けて安全性が高く、またその割に高い利回りが期待できる資産です。

 

フィリピンでも不動産は物権といって国が保証する権利で、当事者間で契約する債権とは違い、絶対的権利として保護されます。最も安全な投資の一つとして考えられているのです。

 

また、AYACCA Resort  は2018年11月現在、その完成度はすでに90%以上で、海外不動産にありがちな「途中で建設が中止される」心配や、そもそも「建設されない」といった詐欺的なものではありませんので、その点でも安心です。

詳しくはこちら

今後、しっかりとした資産形成をする人としない人の格差がますます広がり、二極化すると言われています。

AYACCA Sharing System は、海外を活用して資産形成をしたいけれども、十分な資金がない・・・ と言う人にもチャンスがあります。

さらに、資産形成という側面はもちろんですが、宿泊の権利を活かして毎年ゆったりとリゾートを楽しむというライフスタイルの実現にも活用できます。

 

TOPページに戻る

-AYACCA Resort

Copyright© アヤカリゾート オーナー有志の会[自分たちの資産は自分たちで守る] , 2019 All Rights Reserved.